トップ / 地震に備えて浸水対策

浸水対策の方法とは

地震に備えて浸水対策

万が一のために浸水対策は必要

浸水対策は洪水が起きたときに、家や店舗等の中に水が入らないようにするための対策のことです。近くに氾濫しやすい川が流れている場合や、海抜が低い土地では、万が一の場合の対策を考えておく必要があります。浸水対策では既製品の止水板や土のうを準備しておくことが考えられますが、準備が間に合わない場合は、簡易的な水のうを作る方法があります。大きめの家庭用ゴミ袋に水を入れた水のうを作り、ダンボールにいくつか並べて使います。板を横に立てかけ、両側に水のうを入れたダンボールを置くのも効果的です。

↑PAGE TOP