トップ / 現代の葬儀の在り方とは

葬儀が変わってきた

現代の葬儀の在り方とは

近年の葬儀事情の変化について

一昔前までの葬儀といえば、会社関係やご近所に声をかけ、通夜・告別式を一通り行う一般葬がごく一般的でしたが、近ごろは様変わりしつつあり、家族・親族のみで行う「家族葬」と呼ばれるお葬式が増えています。その理由として考えられるのが、ご近所や会社関係の人々の付き合いが希薄となり、参列者が少ないこと。また、故人や家族の考えで、親族以外を葬儀に呼びたくないといった考え方が広がりつつあることが大きな要因されています。

↑PAGE TOP