トップ / シンプルな葬儀が主流に

葬儀と家族の絆とは

シンプルな葬儀が主流に

それぞれに事情にあった葬儀

以前は一般葬と呼ばれている葬儀がよく執り行われていましたが、現在では少子高齢化の影響もあって、家族葬や直葬なども多く行われるようになりました。特に家族葬は、本当に内輪の家族だけでおこなうので、親戚や知人など多く人を呼ぶことは少なく、亡くなった家族をしんみりと自分たち家族だけで偲ぶことが出来るところが好評です。多くの方に偲んでもらえることは、それはそれで良いのですが、喪主などが忙しくては本末転倒です。

↑PAGE TOP